鳥あれこれ (カワセミ除く)

掲載リスト(種名一覧表)

下記科名をクリックすると、所定の位置にジャンプします。
アトリ アマツバメ科   イワヒバリ ウグイス エナガ オウチュウ  カイツブリ カササギヒタキ科 カッコウ 
カモ   カモメ カラス  カワセミ   キクイタダキ科 キジ  キツツキ  クイナ  ゴジュウカラ科  サギ 
サンショウクイ科  シギ  シジュウカラ科  スズメ  セイタカシギ科  セキレイ  セッカ  タカ  チドリ  ツバメ 
 トキ ハト  ハヤブサ   ヒタキ  ヒバリ  ヒヨドリ フクロウ  ホオジロ  ミサゴ  ムクドリ 
ムシクイ  メジロ モズ  ヨシキリ  レンジャク    その他       
 
日本鳥類目録第7版リスト2012年9月改定     撮影済のみ記載
ツグミ類やウグイス科やタカ科などの修正が多い
 未収録の科名: ネッタイチョウ科 サケイ科 アビ科 アホウドリ科 ミズナギドリ科 ウミツバメ科 コウノトリ科 グンカンドリ科 カツオドリ科 ペリカン科 ツル科 ノガン科 ミヤコドリ科 レンカク科 タマシギ科
ミフウズラ科ツバメチドリ科 トウゾクカモメ科 ウミスズメ科 メンフクロウ科 ヤツガシラ科 ハチクイ科 ブッポウソウ科 ヤイロチョウ科 モリツバメ科 コウライウグイス科
ツリスガラ科
ヒゲガラ科 ズグロムシクイ科 センニュウ科 キバシリ科 カワガラス科 ツメナガホオジロ科 アメリカムシクイ科
目名 科名 種名
キジ目 キジ科 キジ コジュケイ (リスト外)
  ↓未撮影の種名


エゾライチョウ
ライチョウ
ウズラ
ヤマドリ
 

L=♂80cm ♀60cm ♂1000g ♀850g
 
L=27cm 280g 鳴き声は「ちょっと来い、
ちょっと来い」と大声で鳴く。
 中国に分
布する。1919年に東京都と神奈川県に
放鳥したものが自然に増加したらしい
 
カモ目 カモ科 コクガン コブハクチョウ コハクチョウ オオハクチョウ
  リュウキュウガモ
サカツラガン
ヒシクイ
ハイイロガン
カリガネ
インドガン
ハクガン
ミカドガン
シジュウカラガン

ナキハクチョウ
ツクシガモ

L=61cm 1500g 冬鳥として主に北日本
の海岸に渡来。2007年12月 多摩川にて

L=152cm 近年、飼育個体が野生化し
て湖沼や川に1年中いる

L=120cm 6000g 冬鳥として湖沼・内湾・
広い川などに渡来する。オオハクチョウ
に似ているが嘴の先の黒い部分の形が
異なる

L=140cm 9000g 冬鳥として湖沼・内湾・
広い川などに渡来するが、北日本や日
本海側の地域に多い。2009年1月新横浜
 
  メモ:コハクチョウ '03/1/4。昨夜の氷雨のため、架線が凍結し高崎線などが上下線とも全面普通となりました。上野から熊谷まで新幹線に振替てやってきました。特急券無しで新幹線に乗れ、
予定より早く着きました。雪景色の中での鳥見、最高でした。秩父鉄道の武川駅で下車し徒歩1時間10分、白鳥飛来地にやってきました。  
  
カモ目 カモ科 オシドリ オカヨシガモ ヨシガモ ヒドリガモ
  アカツクシガモ
カンムリツクシガモ
ナンキンオシ
アカノドカルガモ
ミカヅキシマアジ
アカハシハジロ

オオホシハジロ
アメリカホシハジロ
アカハジロ
コスズガモ
コケワタガモ
ケワタガモ
シノリガモ
アラナミキンクロ
ビロードキンクロ

L=45cm 760g 淡水ガモ類より木に留
まることが多く、巣は樹洞に作る。

'06/1/9三ツ池 氷の上で。 '11/10/12
新池 ♂3羽  '11/10/29 鶴見川

L=50cm 920g 主に冬鳥として湖沼・
川に渡来。

L=48cm ナポレオンヘッドが特徴 冬鳥とし
て渡来するが個体数は多くない。
 

L=48.5cm 750g 主に冬鳥として湖沼
・川などに渡来。他のカモ類より陸に上
がって草を食べることが多い。
 
カモ目 カモ科 アメリカヒドリ マガモ カルガモ ハシビロガモ
  クロガモ 
コオリガモ
ヒメハジロ
ホオジロガモ
コウライアイサ
 

L=48cm 冬鳥として湖沼・川な
どに渡来するが 数は多くない。
 

L=59cm 1100g 冬鳥もしくは留鳥

L=60.5cm 1160g 全国的に繁殖、雛の
しぐさが可愛い。

L=50cm 760g 嘴が大きくて目立つ。扁
平な嘴を左右に振りながら水ごと吸い
込みプランクトンなどを食べる。
   
カモ目 カモ科 オナガガモ トモエガモ コガモ ホシハジロ
 



L=♂75cm ♀53cm ♀700g ♂1100g 主
に冬鳥として湖沼・川・池などに多数
渡来

L=40cm 430g 雄の顔には黄白色と緑
黒色のともえ形の特徴のある斑紋が
ある。冬鳥として渡来。
 
 
L=37.5cm 350g 大部分は冬鳥として湖
沼川に渡来。カモ類の中では日本最小。

L=45cm ♂900g ♀850g 主に冬鳥とし
て湖沼・川・池などに渡来。水に潜って
水草を食べる。
   
カモ目 カモ科 クビワキンクロ キンクロハジロ ミコアイサ
 

 
L=40cm 1977年不忍池で記録され、
その後各地でまれに観察される。
三ツ池公園には2002年,2003年。
 

L=40cm ♀700g ♂750g 主に冬鳥と
して全国の湖沼・池・川に飛来する。
 1年中いる個体もいる 
 '10/8/9 雛3羽誕生 本州 初
8/21から撮影12日目~


L=42cm ♂770g 主に冬鳥として湖沼・
大きな川・入江などに渡来。パンダガモ 
 

カモ目 カモ科 カワアイサ 純白のオシドリ スズガモ アメリカコガモ 亜種/リスト外
   
L=65cm ♂1700g アイサ類で最も大きい。
冬鳥として渡来。アイサ類は嘴に
歯状突起

2003年、2004年に菊名池に飛来。

L=45cm 800g 冬鳥として内湾・河口・
入江などに多数渡来。

北アメリカで繁殖し、少数が渡来。
コガモの亜種  
 
 カモ目  カモ科 シマアジ  ウミアイサ  メジロガモ  
   
L=38cm 旅鳥

迷鳥 

2017/10/6~10/21(台風前日)まで
新横浜公園に滞在

 






 カモ目  カモ科 マガン       
           
     
カイツブリ目 カイツブリ科 カイツブリ ハジロカイツブリ カンムリカイツブリ
  アカエリカイツブリ
ミミカイツブリ
 

L=26cm 200g 日本のカイツブリ科の中
で最小。幼鳥は顔や首にしま模様。


L=36cm海岸や河口,川

L=56cm 日本のカイツブリ科の中で最大 
 




 



ハト目 ハト科 キジバト アオバト
  ヒメモリバト
カラスバト
オガサワラカラスバト
リュウキュウカラスバト
シラコバト
ベニバト
キンバト
ズアカアオバト
クロアゴヒメアオバト
 

L=33cm 250g

L=33cm 240g

 
     
カツオドリ目 ウ科 カワウ
  ヒメウ
チシマウガラス
ウミウ
 

L=82cm 2200g 追い込み漁も得意 
     
     
ペリカン目 サギ科 ヨシゴイ ササゴイ ゴイサギ
  サンカノゴイ
オオヨシゴイ
リュウキュウヨシゴイ
タカサゴクロサギ
ズグロミゾゴイ
ハシブトゴイ
ムラサキサギ
クロサギ
カラシラサギ
 

L=37cm 120g 夏鳥として飛来



L=52cm 300g 夏鳥として飛来
川や水田で魚を捕る 鶴見川で

L=57.5cm 600g 普通は首を縮めている
のでずんぐりした形。幼鳥の体は黄白
色の斑点があり、通称ホシゴイ




 
ペリカン目 サギ科 アマサギ アオサギ ダイサギ チュウサギ
   
L=50.5cm 370g 主に夏鳥として水田、
湿地、草原に飛来。カエルやバッタも好き



L=95cm W=160cm 1400g 日本最大級

巣作り。孵化予定日の1週間前に放棄

L=80〜104cm 1200g 日本最大
夏羽では嘴は黒くて目先は緑青色、
冬羽の嘴は全体に黄色
 

L=68cm 530g コサギより一回り大きい
足は黒い
チュウサギ9+コサギ3羽
2015 約30羽飛来
ペリカン目 サギ科 コサギ (灰色コサギ) アカガシラサギ
   
L=61cm 420g 嘴、足は黒いが足指は
黄色
浅瀬で片足を前に出して震わ
獲物を追いだしてとる習性がある

アオサギより濃い灰色、足は黄色で頭の
飾り羽も立派 黒化個体

2013/8/18 ,29 ,30 9/1 ,3

9/18頃より多摩川へ

L=45cm 首を縮めている場合が多い。
少数飛来する。冬羽は頭から首に縦
班夏羽はこの部分が赤褐色となる。 
近所の池では2009年、3ケ月間観察。
 
2011/10/25水辺の公園でも撮る









2014/07/末~10/16

↓ 2015/8/1~9/19 新横浜
 ペリカン目  サギ科 ミゾゴイ     
   
 


   
   
ペリカン目 トキ科 クロツラヘラサギ
  クロトキ
トキ
ヘラサギ
 

L=73.5cm 1800g 数少ない冬鳥で、水田
や湿地などに飛来。2003年11月葛西臨
海公園
     
       
ツル目 クイナ科 クイナ シロハラクイナ バン オオバン
  シマクイナ
オオクイナ
ヤンバルクイナ
ミナミクイナ
ヒメクイナ
コモンクイナ
ヒクイナ
コウライクイナ
マミジロクイナ
ツルクイナ
 

L=29cm 130g 秋冬には本州中部
以南の湿原に住む。

L=32.5cm 南西諸島で留鳥だが近年本
州でも繁殖例あり。2002年11月 三ツ池

L=32.5cm 280g 首を前後に動かして泳ぐ
足で水面を蹴って助走して飛び立つ。

L=39cm 730g ほぼ全身黒いが額と
嘴が白


カッコウ目 カッコウ科 ホトトギス ツツドリ
  バンケン
カンムリカッコウ
オニカッコウ
キジカッコウ
オウチュウカッコウ
オオジュウイチ
ジュウイチ
セグロカッコウ
カッコウ
 

50g

   
       
アマツバメ目 アマツバメ科 ヒメアマツバメ
  ヒマラヤアナツバメ
ハリオアマツバメ
アマツバメ
 

L=13cm 29g 留鳥 
   
       
チドリ目 チドリ科 ケリ イカルチドリ コチドリ タゲリ
  ヨーロッパムナグロ
アメリカムナグロ
ダイゼン
ハジロコチドリ
ミズカキチドリ
シロチドリ
オオメダイチドリ
オオチドリ
コバシチドリ
 

L=36cm 350g ほぼ留鳥

中央 L=20.5cm 70g 留鳥

L=16cm 39g 主に夏鳥。
 
 チドリ目  チドリ科  メダイチドリ ムナグロ    
   
L=19.5cm 65g 主に旅鳥として干潟
などに渡来。

L=24cm 旅鳥
 
   
チドリ目 セイタカシギ科 セイタカシギ
  ソリハシセイタカシギ 
L=37cm 200g 主に旅鳥として渡来。
少数は局地的に繁殖し、越冬するも
のもいる。

   
     
チドリ目 シギ科 ヤマシギ アオシギ  タシギ
  アマミヤマシギ
コシギ
オオジシギ
ハリオシギ
チュウジシギ
アメリカオオハシシギ
シベリアオオハシシギ
オグロシギ
アメリカオグロシギ
オオソリハシシギ
コシャクシギ
ハリモモチュウシャク
シロハラチュウシャクシギ
ダイシャクシギ
ホウロクシギ
コアオアシシギ
カラフトアオアシシギ

L=34cm 留鳥であるが舞岡公園では
冬季のみ見られる。
 

L=30cm 冬鳥として山地などの渓流畔
や湿地に渡来。舞岡公園には5年連続

L=26cm 210g 冬鳥もしくは旅鳥として
渡来
 
チドリ目 シギ科 チュウシャクシギ アカアシシギ アオアシシギ キアシシギ
  オオキアシシギ
コキアシシギ
メリケンキアシシギ
アメリカイソシギ
オバシギ
コオバシギ
ミユビシギ
ヒメハマシギ
トウネン
ヨーロッパトウネン
オジロトウネン
コシジロウズラシギ

ヒメウズラシギ
アメリカウズラシギ
サルハマシギ
チシマシギ
アシナガシギ
ヘラシギ

キリアイ
コモンシギ

L=42cm 390g 主に旅鳥として干潟など
に渡来、よくカニを食べている。
 

L=27.5cm 140g 旅鳥として渡来
するが多くない。

L=33cm 185g 主に旅鳥として渡来

L=25.5cm 123g 主に旅鳥として渡来
 水辺の公園


チドリ目 シギ科 ソリハシシギ イソシギ ウズラシギ ハマシギ
  アメリカヒレアシシギ
ハイイロヒレアシシギ

L=23cm 旅鳥として渡来

L=20cm 留鳥、歩くときは腰を上下
に振る。

L=20cm 80g写真中央、旅鳥。
手前はタシギ

L=21cm 60g 冬鳥もしくは旅鳥として
渡来
 
 チドリ目 シギ科  オオハシシギ  タカブシギ ツルシギ キョウジョシギ 
   
L=29cm 旅鳥または冬鳥として渡来す
るが多くない。

L=20cm 旅鳥

L=30cm 旅鳥
 
     
 チドリ目  シギ科 アカエリヒレアシシギ   クサシギ エリマキシギ   
     
       
チドリ目 カモメ科 ユリカモメ ウミネコ シロカモメ セグロカモメ , オオセグロカモメ
  クロアジサシ
ヒメクロアジサシ
ハイイロアジサシ
シロアジサシ
ミツユビカモメ
アカアシミツユビカモメ
ゾウゲカモメ
クビワカモメ
ヒメクビワカモメ
ハシボソカモメ
ボナパルトカモメ
チャガシラカモメ
ズグロカモメ
ヒメカモメ

L=41cm 310g 冬鳥として渡来。夏羽
では首から上が黒くなる

L=45cm 550g

L=62〜70cm 2000g 冬鳥として渡来
するが北日本の遠浅の海岸に多い。
写真は不忍池にて。

L=61cm 1300g
 
チドリ目 カモメ科 コアジサシ カモメ  クロハラアジサシ
  ワライカモメ
アメリカズグロカモメ
ゴビズキンカモメ
オオズグロカモメ

ワシカモメ
アイスランドカモメ
カナダカモメ
キアシセグロカモメ
ニシセグロカモメ
ハシブトアジサシ
オニアジサシ
オオアジサシ
ベンガルアジサシ
コシジロアジサシ
ナンヨウマミジロアジサシ
マミジロアジサシ
セグロアジサシ
ベニアジサシ
エリグロアジサシ
アジサシ
キョクアジサシ
ハジロクロハラアジサシ
ハシグロクロハラアジサシ
 

L=25cm 61g  夏鳥として渡来。
低空飛行からダイビングして魚を捕る。
 

右 2羽

L=26cm 85g 数少ない旅鳥として渡来 
'11/7/5 旅鳥 昨日の強風に乗って
やってきた。滞在1日 '12/10/1 深夜
に台風17号通過、約40羽。滞在数時
間、その後しばらくは1〜2羽。
 
 

タカ目 ミサゴ科 ミサゴ
   ----- 
L=♂58cm ♀60cm W147〜169cm
♂1500g ♀2200g
海岸・河口・大きな湖沼の近くで繁殖。


   
       
タカ目 タカ科 トビ チュウヒ ツミ
  ハチクマ
カタグロトビ
オジロワシ
ハクトウワシ
オオワシ
クロハゲワシ
カンムリワシ
ヨーロッパチュウヒ
ハイイロチュウヒ

ウスハイイロチュウヒ
マダラチュウヒ
アカハラダカ
オオノスリ
ケアシノスリ

カラフトワシ
カタシロワシ
イヌワシ
クマタカ
 

1100g

L=52cm ♂500g ♀850g

L=♂27cm ♀30cm W52〜63cm ♂は
ハト程度の大きさ。♂110g ♀160g

幼鳥の巣立ちは自然観察のページに


   



タカ目 タカ科 オオタカ
    
L=♂50cm ♀57cm ♂650g ♀950g
W106〜131cm
秋冬には全国的に見られる。 







 タカ目  タカ科  ハイタカ  ノスリ  
   
L=♂32cm ♀39cm
♂120g ♀235g



L=♂52cm ♀57cm W122〜137cm
♂830g ♀1000g 秋冬には全国的に
見られる。




↑胸にクマさん

 タカ目  タカ科 サシバ     ( ケアシノスリ )
   
L=49cm  410g  ↑秋の渡り
  春の渡り
2012/4/13
 
   
フクロウ目 フクロウ科 オオコノハズク トラフズク コミミズク
  コノハズク
リュウキュウコノハズク
シロフクロウ
ワシミミズク
シマフクロウ
フクロウ
キンメフクロウ
アオバズク

L=23.5〜26cm 留鳥として全国的に
分布し低地から山地の林に住む

L=36cm 270g 冬期は竹藪や樹上を
群れで ねぐら にする

 
 
 
ブッポウソウ カワセミ科 カワセミ ヤマセミ
 

アカショウビン
アオショウビン
ヤマショウビン
ナンヨウショウビン
ミヤコショウビン
ミツユビカワセミ
 

カワセミは単独ページ
L=17cm  30g

L=37.5cm 280g 山麓〜山地の渓流で
留鳥水辺の横枝・岩・電線などに止る
 

     
キツツキ目 キツツキ科 コゲラ アカゲラ アオゲラ
  チャバラアカゲラ
コアカゲラ
オオアカゲラ
ミユビゲラ
キタタキ
クマゲラ
ヤマゲラ
ノグチゲラ
 

L=15cm 20g スズメ大。♂は後頭部の
両側に橙赤色の羽毛があるが、見え
にくい

L=23.5cm 75g ♂は頭頂が黒く後頭
だけ赤いが♀は後頭も黒い

L=29cm 125g 幹で昆虫を捕る他、アリ
や枝に止まって木の実を食べる。
 
 キツツキ目  キツツキ科 アリスイ      
   
L=17.5cm 30g 地上や朽木などでアリ
類を好んで食べる
 
 
     
ハヤブサ目 ハヤブサ科 チョウゲンボウ ハヤブサ
  ヒメチョウゲンボウ
アカアシチョウゲンボウ
コチョウゲンボウ
チゴハヤブサ
ワキスジハヤブサ
シロハヤブサ
 

L=♂33cm ♀39cm W69〜76cm
♀300g 市街地の橋梁や建物でも繁殖。
冬季は全国の草原や川岸・農耕地など
で見られる
 


L=♂42cm ♀49cm ♂650g ♀980g

 
スズメ目 サンショウクイ科 サンショウクイ
  アサクラサンショウクイ 
L=20cm 21g 夏鳥 
   
     
スズメ目 オウチュウ科 オウチュウ
  ハイイロオウチュウ
カンムリオウチュウ
 

L=28cm 数少ない旅鳥として南西諸島
などに渡来。
 '06/8/26 台湾出張、台北市の公園。
日本では5月頃九州方面でわずかに
見られる数少ない旅鳥です。全体が
黒く、上面には紺色の金属光沢があ
る。普段は単独行動で、台湾で1回
のみ見かける。
   
       
スズメ目 カササギヒタキ科 サンコウチョウ
    ----- 
19g♀ 29g♂ ♂Ku氏撮影
   
     
スズメ目 モズ科 モズ
  チゴモズ
アカモズ
セアカモズ
モウコアカモズ
タカサゴモズ
オオモズ
オオカラモズ

 

L=20cm 38g 秋には枯枝や電線の上
で高鳴きをする。捕えた獲物を小枝や
トゲに刺す習性がある(モズのはやにえ)
 

 
   
スズメ目 カラス科 カケス オナガ カササギ ホシガラス
  ルリカケス
ニシコクマルガラス
コクマルガラス
ミヤマガラス
ワタリガラス
 

L=33cm 135g 低山〜山地の林で留鳥。

L=37cm 70g 雑木林や松林で群れで
住む。市街地にも多い。

L=45cm 北九州で留鳥
写真は韓国にて

L=34.5cm 200g 標高1500〜2500m程の
高い山に住む。

 
スズメ目 カラス科 ハシボソガラス ハシブトガラス
   

L=56.5cm 660g 幼鳥は口の中が赤い
 
     
スズメ目 キクイタダキ科 キクイタダキ
  ----- 
L=10cm 5g 日本で最も小さい鳥の一つ
カラ類やエナガと混群をつくる。
 
スズメ目 シジュウカラ科 コガラ ヤマガラ ヒガラ シジュウカラ
 

ハシブトガラ
キバラガラ
ルリガラ
 

L=12.5cm 10g 山地の林で留鳥。
落葉広葉樹林に多い

L=14cm 17g ほぼ全国的に留鳥。堅
い木の実を両足で挟み嘴で割って
食べる。

L=11cm 8g カラ類では最も小さく、
嘴は細く尾は短い。

L=14.5cm 16g 全国的に留鳥。地上で
落葉をのけて下の餌を探すことも多い
スズメ目 ヒバリ科 ヒバリ
  クビワコウテンシ
コウテンシ
ヒメコウテンシ
コヒバリ
ハマヒバリ
 

L=17cm  33g
   
       
スズメ目 ツバメ科 ツバメ イワツバメ ショウドウツバメ 
  タイワンショウドウツバメ
ミドリツバメ
リュウキュウツバメ
コシアカツバメ
ニシイワツバメ
 

L=17cm 18g 夏鳥として主に九州
以北で繁殖


L=13cm 19g 夏鳥下面は白っぽい

 
スズメ目 ヒヨドリ科 シロガシラ ヒヨドリ
   ----- 
L=18.5cm 南西諸島南部で留鳥。
台湾では市街地にもいます。
 

L=27.5cm 70g 全国で繁殖し留鳥
飛び込み式の水浴びもする。
 
幼鳥 
   
スズメ目 ウグイス科 ウグイス ヤブサメ
   ----- 
L=14〜15.5cm 17.5g 雄は雌より大きい

L=11cm 9.8g
   
スズメ目 エナガ科 エナガ
   ----- 
L=13.5cm 7.5g 低地〜山地の林に留鳥
   
   
スズメ目 ムシクイ科 ムジセッカ メボソムシクイ センダイムシクイ
  キタヤナギムシクイ
チフチャフ
モリムシクイ
キバラムシクイ
カラフトムジセッカ
カラフトムシクイ
キマユムシクイ
コムシクイ
オオムシクイ
ヤナギムシクイ
イイジマムシクイ
 

L=11cm 主に日本海側の地域で少数
見られる。写真は2009/2/28 多摩川
 

L=13cm 10.5g 主な夏鳥として高い山
の林に渡来。
 
L=12.5cm 10.5g 夏鳥として低山の
落葉広葉樹林に渡来
下記 横浜2014
 
 スズメ目 ムシクイ科  エゾムシクイ       
         
     
スズメ目 メジロ科 メジロ
  メグロ
チョウセンメジロ
 

L=12cm 11g 全国の低地〜山地の林
で繁殖市街地の公園や庭にも来て、
熟したカキや花蜜を吸う
 

 
   
スズメ目 ヨシキリ科 オオヨシキリ コヨシキリ
  セスジコヨシキリ
イナダヨシキリ
ヤブヨシキリ
ハシブトオオヨシキリ
ヒメウタイムシクイ
 

L=18.5cm 31g ギョギョシ、ギョギョシなど
と特徴のある囀り。夏鳥として葦原な
どに渡来
 


 
   
スズメ目 セッカ科 セッカ
   ----- 
L=12.5cm 10g 低地〜山地の草原で
繁殖。草の茎に両足を開いてとまる
 


 

     
スズメ目 レンジャク科 ヒレンジャク
  キレンジャク 
L=17.5cm 50g 冬鳥として渡来。ヤドリ
ギ・イボタノキ・ヤツデなどの実を食べる
 
     
スズメ目 ゴジュウカラ科 ゴジュウカラ
   ----- 
L=13.5cm 19.5g 山地の林に留鳥。頭
を地上に向けて、逆さになって虫類を
捕る。草木の種子も採食。
 
   
     
スズメ目 ミソサザイ科 ミソサザイ
   ----- 
L=10.5cm 9g 日本で最も小さい鳥の
一つ、囀りは長く体に似合わない大声
 
   
     
スズメ目 ムクドリ科 ギンムクドリ ムクドリ コムクドリ ハッカチョウ 外来種
  シベリアムクドリ
カラムクドリ
バライロムクドリ
ホシムクドリ
 

L=24cm 旅鳥

L=24cm 80g 留鳥 

 50g

L=24cm

スズメ目 ヒタキ科 トラツグミ シロハラ アカハラ
  マミジロ
オガサワラガビチョウ
ハイイロチャツグミ
カラアカハラ
クロツグミ
クロウタドリ
アカコッコ
ノドグロツグミ
ノハラツグミ
ワキアカツグミ
ヤドリギツグミ

L=29.5cm 160g 秋に低地に移動、
冬期には市街地の公園に来てミミズ
などをとることもある。
 

L=24cm 78g 主に冬鳥として全国的
に渡来

L=24cm 75g 冬期は暖地や低地に
移動し市街地の公園にもくる

 
スズメ目 ヒタキ科 ルリビタキ コルリ
  ヨーロッパコマドリ
コマドリ
アカヒゲ
ノゴマ
シマゴマ
セアカジョウビタキ

クロジョウビタキ
シロビタイジョウビタキ
マミジロノビタキ
クロノビタキ

L=14cm 16g 冬期は低地や山麓の
暗い藪にいる。


L=14cm 17g 夏鳥として山地の落葉
広葉樹林に渡来し、下生えの低木が
多い所を好む
 
スズメ目 ヒタキ科 ジョウビタキ ノビタキ
  ヤマザキヒタキ
イナバヒタキ
ハシグロヒタキ
セグロサバクヒタキ
サバクヒタキ
ヒメイソヒヨ
ムナフヒタキ
ミヤマヒタキ
マダラヒタキ

マミジロキビタキ
ムギマキ
ロクショウヒタキ
チャバラオオルリ
 

L=14cm 16g 冬鳥として全国的に渡来。



L=13cm 14g 夏鳥として高原などに
渡来。渡りの時は低地の畑や草原など

春のノビタキ初撮り 2016/4/21
 

スズメ目 ヒタキ科 キビタキ オジロビタキ
 


L=13.5cm 14g 夏鳥として全国的に
山の広葉樹林に渡来。渡りの時には
市街地の公園にも来る




L=11.5cm 数少ない旅鳥もしくは冬鳥
として林に渡来。
   
 スズメ目  ヒタキ科 マミチャジナイ  ツグミ   オガワコマドリ 
   
L=22cm 60g 旅鳥 4〜5月,9〜10月
林内の地上を跳ね歩く

L=24cm 80g 冬鳥として渡来

L=15cm 20g 数少ない冬鳥として渡来。
写真は鶴見川にて


 
  メモ:オガワコマドリ 非常に稀な珍鳥です。九州からも撮影に来ていました。'06/2/25 150人以上の鳥好き集合、幼鳥オス。'06/03/04横浜市 鶴見川河川敷に現れているオガワコマドリは、
ついに新聞掲載・テレビ放映され、今日も賑わう。通常なら中国南部や東南アジアなどで越冬します。 '06/3/12 , '06/4/15成鳥の色合いになってきた。'05/11後半から'06/4/28まで居た。
   
 スズメ目  ヒタキ科  イソヒヨドリ  コサメビタキ  
   
L=25.5cm ほぼ全国の海岸の岩場で留
鳥。まれに海岸から離れたビル街で見
かけることもある。写真は新横浜にて

L=13cm 12g  夏鳥として低地〜低山
の落葉広葉樹林に渡来。村落付近の
林にもいる

 
 
 スズメ目  ヒタキ科 オオルリ   エゾビタキ  
    
L=16.5cm 24g 夏鳥として低山〜山地
に渡来、特に渓流沿いの林を好む。

L=14.5cm 22g 旅鳥として低山〜
山地に渡来。特に秋には多い。

 
 スズメ目  ヒタキ科  サメビタキ   コマドリ  
       
       
スズメ目 イワヒバリ科 カヤクグリ
  イワヒバリ
ヤマヒバリ
 

L=14cm 17g
   
       
スズメ目 スズメ科 スズメ
  イエスズメ
ニュウナイスズメ
 

L=14.5cm 24g 留鳥

白すずめ、舞岡公園にて 

落鳥スズメと親
 
 
スズメ目 セキレイ科 キセキレイ ハクセキレイ セグロセキレイ ビンズイ
  イワミセキレイ
ツメナガセキレイ
キガシラセキレイ
マミジロタヒバリ
コマミジロタヒバリ
マキバタヒバリ
ヨーロッパビンズイ
セジロタヒバリ
ウスベニタヒバリ
ムネアカタヒバリ
 

L=20cm  20g

L=21cm 28g 若鳥には顔が淡い黄色
の個体もよく見られる

L=21cm 29g 中流以上の河原に多く海
岸や海に近い川ではほとんど見られ
ない
日本固有種

L=15.5cm 21g 冬は松林に多く、地上
を歩いて餌をとる。水浴を好む

スズメ目 セキレイ科 タヒバリ
   
L=16cm 22g 冬鳥として全国的に渡来。
   
     
スズメ目 アトリ科 アトリ マヒワ
  ズアオアトリ
ベニヒワ
コベニヒワ
オガサワラマシコ
アカマシコ
オオマシコ
ギンザンマシコ
イスカ
ナキイスカ
コイカル
 

L=16cm 24g 冬鳥として渡来。秋には
群れをつくって林で木の実を食べること
が多い
 






L=12cm 13.5g 冬鳥または漂鳥
平地から山地の林,草原,川原など
 
スズメ目 アトリ科 ベニマシコ シメ
   
L=15cm 15g 冬期には低山〜山地の
低木林や川岸・葦原・草原にいる



L=18cm 50g 冬期は落葉広葉樹の
林に多い
 
 スズメ目  アトリ科 カワラヒワ   ウソ , アカウソ
    
L=14.5cm 23g 市街地に普通にいる。
川原や農耕地で群れ黄色い翼を見せ
て飛ぶ
 

L=15.5cm 27g 高い山の針葉樹林で
繁殖。冬期は低地〜山地の林に小群
で。亜種のアカウソは冬鳥として渡来。
 

 
 スズメ目  アトリ科  ハギマシコ イカル    
   
L=16cm 冬鳥として渡来するが多くは
ない。山地の崖や岩場にいることが多
いが、地上で草の種子などをとる。
 

L=23cm 72g 低地〜山地の落葉広葉
樹林で繁殖。冬季には暖地や低地に
移動するものもいる。
 

 
 
   
スズメ目 ホオジロ科 ホオジロ ホオアカ カシラダカ ミヤマホオジロ
  レンジャクノジコ
キアオジ
シラガホオジロ
イワバホオジロ
ズアオホオジロ
シロハラホオジロ
コホオアカ
キマユホオジロ
シマアオジ
シマノジコ
ズグロチャキンチョウ
チャキンチョウ

L=16.5cm 23g 低地〜山地で留鳥

L=16cm 22g 平地〜山地の草原で留鳥

L=15cm 21g 冬鳥として全国の農耕
地・林縁・川原などに渡来

L=15.5cm 21g 冬鳥として全国的に渡来。
低地〜山地の林縁。地上で餌を探す




スズメ目 ホオジロ科 アオジ クロジ オオジュリン
  ノジコ
シベリアジュリン
コジュリン
ゴマフスズメ
ウタスズメ
ミヤマシトド
キガシラシトド
サバンナシトド
 

L=16cm 21g 冬期は暖地や低地に
移動し市街地の公園にも多数。

L=17cm 29g 山地で繁殖、冬期は
低地の暗い林にいて地上で餌をとる
 

L=16cm 21g 冬期には低地の葦原
 
 '08/1/26 部分的に色抜け

 
 その他スズメ目  チメドリ科  ソウシチョウ  外来種 ガビチョウ   外来種 カオグロガビチョウ  外来種  
   
L=15cm 23g 野生化した外来種 

L=24cm 野生化した外来種 

L=30cm 野生化した外来種
   
 他    セキセイインコ  ワカケホンセイインコ バリケン  ツキノワテリムクドリ 
   
34g

L=40.5cm 野生化した飼い鳥
(籠脱け鳥)

L=75cm 南米産のノバリケンを改良した
家畜

アフリカで生息、篭脱け
    アヒル   ドバト シャモ  黒ウコッケイ 
     
   315g    
 動物園の鳥    始祖鳥  オオワシ  キバラオオタイランチョウ  コウカンチョウ
   →サムネイルのみ
     クジャク      
         

掲載リスト

収録している鳥(家畜扱いを除き、189種類:2017/10/6)  緑色地は、横浜市 港北区or鶴見区でも撮影

留鳥 もしくは漂鳥 冬鳥 夏鳥 旅鳥 迷鳥
カイツブリ ミサゴ ウグイス ハジロカイツブリ アリスイ コアジサシ ツミ アカガシラサギ マミチャジナイ クビワキンクロ
カワウ トビ キクイタダキ(冬) カンムリカイツブリ タヒバリ ダイサギ ツバメ クロツラヘラサギ ムジセッカ シロガシラ
コブハクチョウ チュウヒ セッカ オオハクチョウ ヒレンジャク チュウサギ イワツバメ シロハラクイナ エゾビタキ メジロガモ
カルガモ ハイタカ エナガ コハクチョウ オガワコマドリ アマサギ コルリ メダイチドリ オジロビタキ
ウミネコ オオタカ ヒガラ コクガン ジョウビタキ ササゴイ ノビタキ チュウシャクシギ オウチュウ
アオサギ ノスリ コガラ オシドリ アカハラ ヨシゴイ ヤブサメ アカアシシギ ギンムクドリ
コサギ チョウゲンボウ シジュウカラ ヒドリガモ シロハラ コチドリ オオヨシキリ アオアシシギ クロハラアジサシ
ゴイサギ オオコノハズク ヤマガラ アメリカヒドリ ツグミ サシバ メボソムシクイ ソリハシシギ タカブシギ 籠脱け 他
バン コジュケイ ゴジュウカラ ヨシガモ ミヤマホオジロ ミゾゴイ センダイムシクイ キアシシギ シマアジ ワカケホンセイインコ
イカルチドリ キジ メジロ オカヨシガモ カシラダカ サメビタキ キビタキ タシギ ツルシギ ソウシチョウ
イソシギ キジバト ホオジロ トモエガモ アトリ コマドリ オオルリ オオハシシギ キョウジョシギ ガビチョウ
ヤマシギ ヤマセミ ホオアカ コガモ マヒワ コヨシキリ コサメビタキ ウズラシギ ツキノワテリムクドリ
セイタカシギ カワセミ クロジ(冬) マガモ ハギマシコ ツツドリ サンコウチョウ ハマシギ セキセイインコ
ケリ コゲラ アオジ(冬) オナガガモ ウソ エゾムシクイ ホトトギス ムナグロ カオグロガビチョウ
アカゲラ オオジュリン ハシビロガモ シメ サンショウクイ アカエリヒレアシシギ
アオゲラ カワラヒワ ホシハジロ トラフズク コムクドリ クサシギ
ヒバリ ベニマシコ(冬) スズガモ コミミズク ショウドウツバメ エリマキシギ 交雑種
キセキレイ イカル(冬) キンクロハジロ タゲリ マルガモ
ハクセキレイ スズメ ミコアイサ ウミアイサ
セグロセキレイ ムクドリ カワアイサ マガン
ビンズイ(冬) カケス(冬) カモメ
ヒヨドリ オナガ セグロカモメ 家畜扱い
モズ カササギ オオセグロカモメ ニワトリ
ミソサザイ ホシガラス シロカモメ シャモ
カヤクグリ ハシブトガラス ユリカモメ アヒル
ルリビタキ(冬) ヒメアマツバメ クイナ バリケン
イソヒヨドリ ハヤブサ オオバン
トラツグミ ハッカチョウ アオシギ
アオバト ハシボソガラス アメリカコガモ